JapanMatrix

「ほとんどの客室がキャンセル無料」について。

旅人が通ります

予約条件で変わります。

有名なホテル予約サイトのひとつ、ブッキングドットコムのトップページ先頭の一番目立つところにある「ほとんどの客室がキャンセル無料」について確認してみます。

一般にホテルのキャンセル料はホテル側が独自に設定しているので、ホテルやプランごとに異なりキャンセル料の発生や請求の有無もそれぞれの場面で違うはずです。

念のため「ほとんど」に当てはまらないのはどんな場合なのか、問い合わせしてみたところ、すぐ回答をもらいました。

Booking.comのご利用ありがとうございます。
お問い合わせいただきました件につきましてご連絡申し上げます。
キャンセル料金の規約は宿泊施設のご予約条件により異なります。
弊社ホームページトップ画面の黄色い検索ボックスより、必要事項を入力いただき検索いただき、検索したホテルページへお進みいただきますと、お部屋タイプごとに料金等の記載がございます。
客室タイプ右横の”予約条件”欄に○月○日までキャンセル無料や、今すぐお支払い(返金不可)などご予約条件をご確認いただけます。
また、同欄の右上にございます青い?にマウスのポインターを合わせていただきますと、ご予約条件をよりくわしくご確認いただけますので、ご予約手続き前に、必ずご確認いただけますようお願い申し上げます。
他にご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

というお答えです。つまりは、ほとんどのホテルは直前までキャンセル無料だけど中にはそうでないところもあるのでしっかりと条件を確認してから予約しましょうということですね。

「返金不可」の部屋には十分に注意してください。価格は安くなっていますが、予約が成立すると、すぐキャンセルしてもキャンセル料は全額取られます。

ところで、ブッキングドットコムで予約して規約内でキャンセルしたのにキャンセル料を請求されて困ったという事例はないのか、と調べてみると、全くないことはないです。客、サイト、ホテルそれぞれの連絡の行き違い、手違い、勘違いでトラブルは少なからず発生しています。

旅行関係の掲示板などでいくつか見られますが、ただ口コミ掲示板などは、怨念のこもった恨み節のような文章も多く、少し割り引いて冷静に読まなくてはならないと思います。本人が規約違反をしているにも関わらずクレーマー化している場合も少なくありません。

ブッキングドットコムについては最終的に解決してる事例も複数見られ、それほど問題はないように思われました。中には問題が多いと思われるようなホテル予約サイトもありますし、一度いろいろな掲示板をご覧になってみてはいかがでしょう。

上記は2014年3月の調査結果です。

関連記事

関連リンク


  

ホテル予約サイトのまとめ(外部リンク)

運営 JapanMatrix