JapanMatrix

居合刀と模造刀では、何が違うのでしょうか?

猫の侍

意外に、定義は曖昧です。

確かな定義があるのかと思いきや、意外に曖昧なようです。「どんな刀でも居合に使ってしまえば、それは居合刀である。」というような少し意地悪な説明もありましたが、一般には次のようになっています。

模造刀はその字のとおり既にある刀を模して作られたものが多く「正宗」や「村正」などといった名刀を始め、さまざまな日本刀を模倣して作られた刀です。
これらは飾ることが主な目的のため、中には柄の部分が接着剤で固めただけのような物もあり、一般には居合いには向いていないものが多いということです。

逆に居合刀というのは、練習や競技で真剣と同じように振り回すことを想定して作られている刀、実用性のある物ということになります。居合の上段者ともなれば真剣を使ったりするそうです。

すこしややこしいのが、高価な模造刀の中には真剣とほぼ同じように作れているものがあり、これらは当然居合にも使えるので、居合刀として扱われる場合もありますし、それほど高価でなくとも、「居合刀としても使える模造刀です」という説明の商品も、これまた多くあるというのが事実です。

先日、通販で見つけた「るろうに剣心」の逆刃刀は、カッコよかったですがきっと居合いには向いていないのだろう、とそんな風に思う次第です。

sukima_new

アマゾンで探す

sukima

運営 JapanMatrix