かんたん健康まめ知識

オルニチンたっぷり、しじみの味噌汁が肝臓に良い理由

しじみ guard

肝臓に良い理由

まずはオルニチンが肝臓に良い理由を簡単に解説。

人は食事をしたり運動したりすると、体内に有害な物質 アンモニア が発生してしまいます。これを放っておくと神経をはじめ多くの細胞に有害であるため、常に 肝臓が解毒 を行っています。

ここでオルニチンの登場ですが、オルニチンはこのアンモニアを無害な 尿素 という成分に変えてしまうというすばらしい性質があります。簡単に言えば、オルニチンは解毒という肝臓の仕事の負担をかなり楽にしてくれるという物質なのです。肝臓はアンモニア以外にもさまざまな毒素を分解、また、解毒以外にも代謝・貯蔵・胆汁の生成などなど、いつも多くの仕事をしています。

とくに二日酔いの朝なんかは、アルコールが変化してできる毒素 アセトアルデヒド の分解で大忙し!の肝臓ですから、オルニチンの摂取はかなり肝臓の負担を軽くする、と言えるのです。二日酔いの朝、しじみの味噌汁。これはとても理にかなっています。

オルニチンの含有量

オルニチンはしじみに含まれる成分のひとつですが、食材の中で しじみほどオルニチンを多く含むものはありません。ダントツなんです。以下、オルニチンを多く含む食材の100グラムあたりの含有量ですが、1位と2位の差が大きく開いていますね。

これを見てもわかるとおり、しじみはとても優秀で簡単に手に入るオルニチン含有食材です。

しじみ加工食品

オルニチンが体に良いということはわかった、でも毎日、朝に しじみの味噌汁は正直言ってめんどくさい!という方、それから、しじみの味がどうも好きになれないという方のために、しじみの加工食品がたくさん売られています。しじみエキスを粉末にしたサプリメントや、とろ~りエキスをカプセルに入れたものなど。

sukima_new

sukima_new

以下参考にしてください、見るからに健康に良さそうなものばかりです。

しじみは古~くから伝わる健康食品

江戸時代にも、しじみは肝臓に良いとさまざまな文献に記されています。黄疸が出たら、しじみの汁を全身にかける、という少し変わった療法もあったとか。そういえば、歴史で習った 貝塚 のことを考えてみれば、日本人は縄文時代の大~!昔から、しじみ大好きだったんですよね。

では、お酒飲みで脂肪肝が気になる方、疲れやすい方、二日酔いの朝だけでなく、健康のため毎日のオルニチン、いかがでしょうか。

おすすめ記事

トップメニュー

sukima_new

運営 JapanMatrix