かんたん健康まめ知識

日本国内でスルフォラファンと言えばカゴメです。

ブロッコリー

スルフォラファンの含有量

カゴメ のスルフォラファンは、1粒に10mg、1日の目安3粒でスルフォラファン 30mg が摂取できます。30mgは1日に摂取した方が良いといわれているスルフォラファンの量で、ブロッコリーなら1株、ブロッコリースプラウトなら1.5パックに含まれる量です。

多くのサイトで一日に必要な摂取量が30mgと書かれていて、その根拠を調べていたら結局はカゴメのホームページにたどり着いてしましました。カゴメと東海大学との研究で次ぎのような結果が出ていたようです。 以下カゴメのページから引用。

γ-GTPなどの肝機能マーカーの値が正常範囲より高い人がスルフォラファンを含むサプリメントを継続的に摂取(SGSとして30mgを2ヶ月間摂取)することで、肝機能マーカーの値が改善するという結果が得られました。

解毒作用、抗酸化作用、抗炎症作用などの肝臓が持つ防御機構を高めてくれるスルフォラファンを継続的に摂取することは、肝機能の改善に有効であると期待されます。

カゴメ(http://www.kagome.co.jp/company/news/2014/11/002101.html)

他社製品を比較

アマゾンでスルフォラファンを検索すると、いきなり安い商品が表示されます。60粒入りで1000円!しかし、2粒でスルフォラファンが10mgとありますので、先ほどの一日30mgを当てはめると、6粒で一日分だから10日で一袋なくなりますね。30日だと、3000円か、ほぼ無名のメーカーですが、どんなもんでしょう。

ほか海外製品はブロッコリーの絵柄がある容器のやつですが、スルフォラファンがどれくらい入っているかは書いてないですね。そうかと思うと、別の商品では濃縮スルフォラファンというやつがあって、1粒にスルフォラファン1000mg!カゴメの100倍?で値段が4分の1… ちょっと信用したくありません。

現状、まともな商品はカゴメだけ?のような気がしてきました。

日本国内ではスルフォラファン研究の第一人者がカゴメであるのは間違いありません。ここは本家を信頼しましょう。

sukima_new

sukima_new

関連記事

おすすめ記事

トップメニュー

sukima_new

運営 JapanMatrix