かんたん健康まめ知識

食べ過ぎが続くとなぜ糖尿病になりやすいのか?

血管

糖尿病についての簡単なお話です。

糖は生きるためのエネルギー源です。

ものを食べると血液中に糖が増え、それに呼応して 膵臓インスリン を出します。そして、インスリンは血液中の糖、つまりエネルギーをさまざまな細胞の中に取りこむ手助けをします。

これによってエネルギーを受け取った神経や筋肉はしっかり働くことができるわけです。

以上、当たり前の生活では何も問題がありません、これでいいのです。
さて、では食べ過ぎの状態が続くとどうなるのか。

食べるとそれに呼応してインスリンが出る仕組みですから、食べ過ぎが続くと膵臓が働きっぱなしになります。それが続くと、膵臓は過労状態になって弱ってしまい、やがてインスリンの分泌量が減ってしまいます。また、食べ過ぎて肥満になってしまうと、インスリンが効きづらい状態になり、ますます血液中から糖が減らない状態にもなります。このような状態を「インスリン抵抗性」がある状態といいます。

すると血液中には行き場のない糖がたくさん。これが尿に混じったりすると健康診断でひっかかり「糖プラス」というわけです。糖尿病という名前ですが決して尿の病気ではありません、血液に糖がありすぎる状態 のことをいいます。

さて、行き場のない糖はどうなるか?

元気な幼児をほったらかしにしておくと、ふすまに落書きしたり壁に穴をあけたりと散々ですが、体にありがたいエネルギー=糖もそのままにしておくと血管を傷つけ、血栓ができ、やがて血行障害を起こしてしまいます。

血がうまく流れないと、さまざまな病気を引き起こします。よく知られているのが、糖尿病性神経障害 や 糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症 という恐ろしい3大合併症です。

sukima_new

sukima_new

関連記事

おすすめ記事

トップメニュー

sukima_new

運営 JapanMatrix